補助金を取得したいと考えている方に

広告を強化する為に必要な補助金なのか? ITの仕組みを構築する為か?新たな企画を実行する為か? 

ホームページ作成や広告の補助金

持続化補助金

持続化補助金は、小規模事業者が行う販路開拓、事業承継や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。

クラウド会計システムを導入したい

IT導入補助金

IT導入補助金は、デジタル経理改善の為の仕組みを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

設備投資の為の補助金

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金

中小企業等による生産性向上に資する革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する補助金です。

採択率を上げるために

緻密に計画しましょう

年間計画を立てる

補助金獲得は計画策定から

年間計画の中で、「インボイス制度導入」及び「電子帳簿保存法に沿ったペーパーレス化」等を、IT補助金を活用して、いつ組み込むか。あるいは「業績アップの為のホームページ作成」をいつ、どこで、手掛けるかを、年間計画の中で考えて、補助金を狙う事が成功の秘訣です。

業界・会社情報を提供して下さい

緻密な打合せ

当計画書が採択される為には、業界の状況、新しい試み、実現可能か否か等現実的な計画でなくてはなりません。その為には、業界の状況や会社の総合的な戦略を勘案し、その一環として当計画書を作成していく必要があります。それには業界の事、会社の内容を一番知っている社長との連携が必要です。

補助金の前に資金を調達する

資金計画が必須

補助金の取得時期は、当該物件の購入後になります。また、採択の可能性は100%ではありません。
その為に、補助金取得計画が採択された場合と採択されなかった場合の資金の調達を考えとおかなければなりません。年間計画と共に、支出に対する資金計画を組み込むことにより、大幅な計画変更がなくなります。

フォルテシア補助金支援の特徴

補助金の申請は、年々増え、競争率が上がってきました。その為に、補助金取得の計画書の精度が高まっています。
フォルテシアでは、この状況に対応する為に、加点ポイントになる施策や、より専門的な中小企業診断士(元審査員)等と提携し、計画書作成に取り組んでいます。

補助金加点ポイントの取得

現在は、事業計画書だけでアドバンテージをつかむのが難しくなってきました。そこで、各補助金の加点ポイントになる施策等が必要になってきます。
お勧めは、「経営力向上計」「経営革新計画」、「事業継続力強化計画」等になります。給与支給総額の伸び率も加点されます。

圧倒的な情報収集

毎月、認定支援業務の実務や案件獲得方法を定期的に勉強会を行い、実務で使用する申請書等、書類の雛形
や書き方を研究し、中小企業支援を会計、税務とは異なる角度で支援しています。
フォルテシア【総合】会計事務所と『総合』を入れた理由です。

補助金取得後の業績向上計画

補助金を取得した事だけに満足してはいけないと思っています。その補助金による販促物の購入や設備投資が出来たのですから、そこから業績アップに繋げていかなければなりません。
補助金取得後の業績改善計画を一緒に作成し、企業の繁栄の動線を作る事が重要になります。

ポイント

経営力向上計画

■ 生産性を高める為の設備を取得した場合、中小企業経営強化税制(即時償却等)により税制面から支援しま
す。
■ 計画に基づく事業に必要な資金繰りを支援(融資・信用保証等)をします。
■ 認定事業者に対する補助金における優先採択されます。

先端設備導入計画

■ 「導入促進基本計画」の同意を受けた市区町村において新たに設備を導入しようとする中小企業者を、
国・市町村が一体となって、生産性の向上を強力に後押し。
■ 認定経営革新等支援機関(商工会議所・商工会・中央会や士業、地域金融機関等)に予め計画の確認を
受けて市町村に申請する必要があります。
■ 認定計画に基づき取得した一定の設備について、固定資産税の特例措置を受けることができます。

事業継続力強化計画

■ 中小企業が行う防災・減災の事前対策に関する計画を経済産業大臣が認定します。
■ 認定を受けた中小企業は、税制措置や補助金の加点などの支援策を活用可能です。
■ 防災・減災設備に対する税制措置と補助金(ものづくり補助金等)の優先採択されます。

早期改善経営計画

■ 過去の資金繰り状況を分析し、今後の資金計画を策定することができます。
■ 自社の経営課題を把握し、具体的な行動計画を作成できます。
■ 計画策定から1年後に、専門家によるフォローアップを受け、計画の進捗を確認できます。

 

補助金コンサルタントより

 補助金は、国や自治体の政策目標に合わせて、色々な分野で募集されており、
事業者の取り組みをサポートするために資金の一部を給付するというものです。
各補助金の「目的・趣旨」を詳細に確認し、自社にマッチした補助金を見つけましょう。

TAKASE補助金コンサルタント

補助金申請は、合格答案をまねる事から始まります。
当社も様々な補助金を取得してきました、自分で考えるのは少しだけ、殆どが合格した申請書を真似て、
採択されています。
次に、諦めないこと。1回、落ちても、2度、3度と申請すれば、「申請書」が磨かれて行きます。
一緒に、頑張りましょう!

無料相談の申込みフォーム

必要事項をご記入の上、確認画面へお進みください。
当フォームよりお申込み頂きますと、ご登録頂きましたメールアドレスに自動配信にてお申込み完了メールが届きます。

お申込み内容のご確認

以下の内容で送信してもよろしいでしょうか?
内容を修正する場合は、下に表示されている「入力画面に戻る」ボタンをクリックしてください。

お申込みありがとうございます

予約を受け付けました

受付完了自動返信メールが届きます。
届かない場合は迷惑メール扱いになったか、メールアドレスの入力ミスの可能性があります。
ご確認ください。

お名前必須

ご希望必須

メールアドレス必須

誤入力防止のために、もう一度入力してください

入力確認必須

コメント必須

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:0800-805-5861

(月 - 金 10:00 - 18:00)