新型コロナウイルス感染症特別貸付

  1. 2022年3月末日まで延長されます
  2. 据置期間は伸ばせます

民間金融機関から借りる場合に利用すべきベストな信用保証制度

1.伴走支援型特別保証制度です。

伴走支援型特別保証制度の要件

保証限度額:4,000万円→6,000万円(令和4年2月から)
保証期間:10年以内
据置期間:5年以内
金利:金融機関所定
保証料率:0.2%
売上減少要件:▲15%以上
その他:・セーフティネット保証4号、5号、危機関連
保証の認定を受けていること
・経営行動計画書を作成すること
・金融機関が継続的な伴走支援をすること

伴走支援型特別保証制度のメリット

経営者保証を免除出来ます

伴走支援型特別保証制度の要件

1.直近の決算において資産超過状態にあること
2.法人から経営者個人に対する仮払金・貸付金等がないこと

無料EBookプレゼント: 貸してもらいやすい企業になる為の7つのポイント
【銀行は御社の「ココを見ている」】

 

小冊子

、銀行員の見方がわかります
・ポイントが上がる経営計画書が出来ます
・銀行との付き合い方がわかります
・いざという時に使える小冊子です

無料E-bookダウンロード→

 

税理士高瀬智亨

税理士高瀬智亨

高瀬智亨(タカセノリユキ)
東京都出身、沖縄県宮古島市在住

・税理士(一番儲かると言われる資産税は苦手です)
・日報コンサルタント(自分の日報は、良くさぼります)
・キャシュフローコーチ(キャシュの重要性を、お金が無くなった今、痛感しています)
・融資spコンサルタント(自分の融資で失敗しました)
・全日本空手道連盟 公認4段位
・TKC全国会会員

主要著書:『小さな会社の決算塾(三修社)』
     『成功する治療院経営バイブル(同友館)』
     『増販増客集(企画塾)』

関連記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
お問合せ

TEL:0800-805-5861

(月 - 金 10:00 - 18:00)